2017/07/11

遠隔的神経監視・遠隔神経(モニタリングリモート・ニューラル・モニタリング=RNM)

※知り合いの被害者さんからの記事紹介です
REMOTE NEURAL MONITORING compiled by Dee Finney  http://www.greatdreams.com/RNM.htm を翻訳したものです。



遠隔的神経監視(RNM)、思考の監視と操縦
遠隔的神経監視・遠隔神経モニタリング(リモート・ニューラル・モニタリング=RNM)


ロバート・C・ガン博士・ ミシガン州アナーバー ・国家安全保障局(NSA)臨床心理学者はマインドコントロールの人間と憲法上の権利の侵害に関与している。彼は世界的に想像もできない残虐行為を犯している。ガンは罪のないアメリカ人と他のグローバルな市民に対する秘密の心理戦争に関与している。彼は精神工学(サイコトロニック)攻撃の開発者である。それは非常に高度で目標の何千もの自殺を誘発することを目的とするマインドコントロールのシュールな形である。


マインドコントロール技術は遠隔的神経監視(リモート・ニューラル・モニタリング=RNM)として知られる。その技術は脳内音声(ボイス・トゥ・スカル=V2K)送信するために衛星配信の極超長波(ELF)を使用する。これは統合失調症(精神分裂病)の症状を生成する。ELF無線信号は海洋の表面下深くの海軍潜水艦が通信するのに使う。

これらの周波数は地球上のどこにいてもターゲットを特定することができ、水・岩・コンクリート・他の高密度物質を透過することができる。脳はニューロンで構成され低電流で駆動されている。非接触アンテナで交信する多くの昆虫のように人間は無線トランシーバーと通信できる。それぞれ私たちは固有な遺伝子コード(DNA)を持つのと同様にそれぞれ私たち自身の別々の無線周波数を持っている。その周波数を見つけ出しテロ技術者は脳に直接通信することができる。



ガンは犠牲者の拷問の原案を作った開発チームの一部である。彼はアナーバー退役軍人病院で臨床心理士として働いた。そこで彼は第二次大戦・朝鮮戦争・ベトナム戦争の捕虜をデプログラミングした。(デプログラミング=信念・信仰を強制的にやめさせること。強制改宗・洗脳・逆洗脳)彼はこれらの捕虜のデプログラミングでマインドコントロールの拷問テクニックの秘密を学んだ。その後1980年代に彼は一般的にスターウォーズ計画と呼ばれる戦略防衛構想で働くよう採用された。

彼はすでにモバイルマイクロ波の三角測量方式送信に関する陸上のマインドコントロール実験に関わった。彼と技術者のスタッフは犠牲者を隔離し自宅に向けて無線信号をビーム輻射する。現在信じがたいほどこれらの攻撃は衛星経由で配信されている。マインドコントロールの拷問に加えて彼らは鼠径部(性器)その他への肉体ショックを遠隔配信で生成する方法を開発した。この拷問の第三の構成要素はホログラフィック・プロジェクションと可聴音響プロジェクションを含む。電子ハラスメントの第四の構成要素は「ギャング・ストーキング」を含む。これはコミュニティー協同のストーキングと隣人のスパイ行為の現実の出来事を含む。

しばしばギャングストーカーには電子盗聴装置・赤外線探知装置・エックス線透視装置・高エネルギーマイクロ波パルスを発射する指向性エネルギー兵器の装備が協同して支給される。

ガンは国家安全保障局の秘密の部隊に関与している。部隊は人間に対する権利、または憲法上の権利を考慮せず工作員はナチ・ゲシュタポ要員のように活動する。これらの攻撃の最初の報告はミシガン州の至る所とカナダ国境コミュニティーに浮上した。ミシガン州は国内でこの種の電子ハラスメントを非合法化する法律を制定した唯一の州である。

ミシガン州エイダに本拠地を置くアムウェイ財団は準政府的国内拷問グループに資金援助する多くの右翼団体の一つである。アムウェイの創業者はミシガン州兵のハイブリッドな子孫としてブッシュファミリーのいわゆる新世界秩序の最大の貢献者である。アムウェイはねずみ講・マルチ商法(ピラミッドスキーム)の下部文化を脱出しようとする人々の間で悪名高い。これらの攻撃の標的は、しばしば仲たがいしている家庭のパートナー、ユダヤ人、黒人、女性、障害者、内部告発者、犯人と市民正義を求める人々、薬物やアルコール中毒の地元の「堕落者」である。ガンと彼の妻リア、ウォッシュテノー郡委員会の共同議長は地元のホームレス救難所プロジェクトに関与している。彼は数多くのホームレスの人々に心理学的インタビューを行って彼の実験の主題で情報を利用する。ロバート・ガンは発見されない人権侵害者である。
グーグルの以下の組み合わせの用語を参照、「リモート・ニューラル・モニタリング」+「NSA」+「訴訟」。またギャング・ストーキング・MKウルトラ・マインドコントロールの研究。
あなたの興味と関心に感謝する。



遠隔的神経監視(RNM=リモート・ニューラル・モニタリング)

遠隔的神経監視(RNM)は機能的ニューロイメージングの形式である。国家安全保障局(NSA)によって開発され離れた場所から接点や電極の必要なしで人間の脳から脳波データを抽出することができる。さらにNSAからはこのデータから心の中での発声と視覚と聴覚のデータを抽出するための復調(デコード)ができると断言されている。事実上それは本人の知識や許可なしに人の思考にアクセスすることができる。さまざまの組織が監視とハラスメント目的のためにアメリカと他の国の市民に対して遠隔的神経監視(RNM)を使っていると断言されている。
歴史


遠隔的神経監視(RNM)は1950年代の悪名高いMKウルトラプロジェクトにルーツを持っている。そのプロジェクトは薬物とマインドコントロールに焦点をあてているが「輻射(放射)」(非イオン化EMF)の神経学的研究と生体電気の研究とその展開が含まれている。この技術の最も早い時期の非機密の参考文献の出現は1976年のR.G.マレチ・特許番号#3951134「遠隔的監視と脳波の変更の装置と方法」である。USPTOは4/20/76を付与した。特許は脳波で変調された110MHz信号を生むために脳へ向けて100と210MHzの信号を送信する技術を説明し、その信号が受信されさらなる処理が加えられる。

ウィキペディアにはまだこの正確な名前を持つ記事がない1980年代の初め国家安全保証局(NSA)は遠隔的神経監視(RNM)の広範な使用を開始したと主張している。

これについて知られていることの多くは、国家安全保障局(NSA)を相手取った元NSA従業員ジョン・セント・クレイリー・エイクウェイによって1992年に訴訟の一部として提出された証拠に由来する。それによると国家安全保障局(NSA)には高度な技術を持つ機器が広範囲にずらりと並び専用のリソースは遠隔操作でアメリカ内と海外の数十万人の人々を監視するのに貢献しているその機能は脳の視覚野からの画像や聴覚野からの音だけでなく個々の心の中での発声(頭で考えたこと)への立ち入り(アクセス)が含まれている。


平和的な機器について

国家安全保障局(NSA)のような組織によるこの技術の使用は検証が困難だが非機密扱いの分野における最近の進歩はすでにそれが何ができるかを実証している。
・心の中での発声(サブボーカル)の認知は取り付けた電極を使ってNASAによって達成されている。
・ニューロスカイのような会社からでているBCI(ブレイン・コンピューター・インターフェース)ゲームの入出力セットはプレーヤーの頭のヘルメットで彼らが制御可能な原始的「読心術」を実行する。ここでプレーヤーは考えることによっていくつかのコマンドを実行することができる。
・周辺機器では思考で制御される電動車椅子を実証してきた。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)、しばしばダイレクト・ニューラル・インターフェース、もしくはブレイン・マシン・インターフェース(BMI)と呼ばれるものは、人間もしくは動物の脳(もしくは脳細胞培養物)と外部デバイスの間の経路を直接伝達するものである。

参照

・NSAの令状なしの操作の論争
・NSA電子監視プログラム
・心のなかの言葉の認知
・脳神経倫理学



国内監視とマインドコントロール技術

以下は1992年にハラスメントの追求と除去を主張した国家安全保障局(NSA)に対する市民による訴訟の最初の6ページである。この訴訟はワシントンD.C.でアメリカの裁判所に提訴された。



ワシントン・D.Cのアメリカ裁判所の訴訟の証拠
(民事活動 xx-xxxx.) Xxxx Xxxx 対 NSA  フォート・ジョージ G ミード メリーランド州

国家安全保障局(NSA)の構造・国家安全保障活動・個々の市民を監視する独自の技術と秘密活動についての私の知識



国家安全保障局(NSA)の任務と国内諜報活動

コミュニケーション・インテリジェンス(コミント)はアメリカのすべての電子通信の範囲をカバーしアメリカと世界の国家安全保障を確保する。フォート・ミード、メリーランド州のNSAは1960年代の初期から世界でも最も進んだコンピューターを持った。NSA技術は一部の民間企業・学会および一般大衆において開発され実行されている。

シグナル・インテリジェンス(シギント)

NSAのシグナル・インテリジェンスの任務はコンピューターのワイヤレス盗聴と生体電流を有する人間を追跡するEMF波の復調プログラムに進化した。シグナル・インテリジェンスは、すべて電流をもつものはその回りに磁場を持ちEMF波を放っているという事実に準拠している。(訳注:EMF=Electric Magnetic Field=電磁場)NSA/国防総省は独自の高度なデジタル機器を開発している。それはすべての対象の有機体が電気活動を有するかどうかリモートで分析することができる。

国内インテリジェンス(ドミント=ドメスティック・インテリジェンス)

NSAはすべてのアメリカ市民の記録を持っている。NSAはアメリカ市民の情報をかき集める。市民は5000人以上のNSAのエージェント(ヒューミント)に興味を持つだろう。エージェントたちは誰かをスパイすることを行政命令によって認可されている。NSAは決まった場所に恒久的な国家安全保障反テロリスト監視ネットワークを持っている。この監視ネットワークは完全に偽装され公衆から隠されているNSAの電子監視ネットワークはアメリカ内での個人の追跡を容易に効果的に実行することができる。このネットワーク(ドミント)はアメリカ全体とNSA要員の数千をカバーし数百万の人を同時に監視する。操作の費用対効果の高い実装が、運用コストを最小限に抑えるように設計されたNSAのコンピュータ技術によって実現される。NSA要員は彼らの地域社会のなかで準公共的な位置に務め、隠れた仕事と合法的な仕事を実行し追跡したいと思う人の地域社会を諜報活動することができる。地域社会のNSA要員は通常、社会福祉事業員(ソーシャルワーカー)、法律家、企業経営者などの隠れ蓑の身分を持つ。個々の市民がしばしば独立的に動くNSA要員の監視のターゲットになる。NSA要員はNSAの国内ネットワークと隠された仕事によってアメリカ内の数十万の個人の生活を制御することができる。作戦は彼らによって独立して実行され法律の限界を超えていくことができる。長期的なコントロールと市民数万人のサボタージュがNSAのスパイによって発生する可能性がある。NSAドミントはアメリカ市民をひそかに暗殺するか、その対象が精神衛生上の病気と診断される秘密の心理学的制御作戦を実行する能力を持つ。

NSAの国内電子監視ネットワーク

1960年代の初期のように世界の最も進んだコンピューターはフォート・ミードのNSAにあった。これらのコンピューターのブレイクスルーはNSAのために保持された。現時点でNSAは現在のコンピューター技術の15年先進んだ技術のコンピューターを持っている。NSAは高度なコンピュータを使ってアメリカ内の情報のブランケット・カバレッジ(包括的調査手段)を得た。それは伝達媒体に関係なくすべての通信をスクリーニングし、NSAのエージェント/暗号学者の注目するキーワードのために人工知能を使っている。これらのコンピュータは送信側と受信側ですべての通信を監視する。このアメリカのブランケット・カバレッジはNSAシグナル・インテリジェンス(シギント)の結果である。NSA電子監視ネットワークは、機器の細胞(セルラー)配列に基づいている。それは全体のEMFスペクトラムを監視できる。この装置が開発され、配備され、他の電子戦争プログラムと同様に秘密が守られている。

シグナル・インテリジェンス遠隔的コンピュータ改竄

NSAはすべてのPCとアメリカ国内で売られたその他のコンピュータを追跡する。これは国内インテリジェンスネットワークの不可欠な部分である。NSAのEMF設備はパーソナルコンピュータの回路基盤のRF輻射に同調することができる。(モニターと電源装置からのノイズ輻射を除外しながら)。PC回路基盤からのRF輻射はPCのデジタル情報を含んでいる。NSAの機器からの暗号化されたRF波はPC回路と同調することができPC内のデータ変更が可能だ。このようにNSAは監視か反テロリスト電子戦争のために国内のコンピュータへのワイヤレスモデムの侵入口を得ることができる。

監視のための人間のEMF場の検出

監視対象の生体電場は遠隔操作で検出することができるので対象がどこにいても監視することができる。NSA暗号学の特別なEMF装置は遠隔で(脳波から)誘発電位を読むことができる。これは人の脳の状態と考えを復調(デコード)することができる。そして対象は遠くから完全に監視される。NSA職員はシグナル・インテリジェンスEMF走査ネットワーク上で国内の個人をダイヤル呼び出しすることができ、NSAコンピュータがピンポイントで特定して監視対象を1日24時間追跡する。NSAはアメリカの誰でも選び出して追跡できる。


NSAシグナル・インテリジェンスのEMF脳刺激の使用法

NSAシグナル・インテリジェンスは遠隔的神経監視(RNM)・電子脳リンク(EBL)のために電磁脳刺激を使う。電子脳リンク(EMB)脳刺激は1950年代の初期のMKウルトラ計画から開発され輻射(非電離性電磁場)の神経学研究と生体電気研究および開発を含んでいる。秘密技術の結果は国家安全保障公文書の「輻射線インテリジェンス」の「放射能や核爆発を含まない環境中に意図せず発射される電磁波の情報」と定義して分類されている。シグナル・インテリジェンスは技術をアメリカ政府の他の電子戦争プログラムと同様に秘密にしそれを維持している。NSAは技術に関する入手可能な情報を監視し公共の科学研究を差し止めている。技術の秘密を守る国際的な諜報協定も存在する。NSAは遠くから人間の電気的活動を分析する秘密事業の電子機器を持っている。NSAコンピューターで生成された脳マッピングは間断ない脳の電気活動のすべてを継続的に監視できる。NSAは国家安全保障のために個々の脳地図(数十万人の)を記録・復調する。電磁場脳刺激はコンピューターリンクをもたらすためにすでに軍で秘密裏に使用されている。(例えば軍用戦闘機で)電子監視のために脳の言語中枢の電気活動で被験者の言葉の思考を解釈することができる。

RNMは脳の聴覚皮質へ符号化したシグナルを送ることができる。したがって音声は脳に(耳を迂回して)直接通信できる。NSA要員が妄想型精神分裂病(統合失調症)の特徴的な幻聴をシミュレートすることで被験者をひそかに弱体化させるためにこれを使用する。

対象との接触なしに遠隔的神経監視(RNM)は対象の視覚野からの電気的活動をマッピングすることができビデオモニターで対象の脳からの画像を見ることができる。NSA工作員は監視対象の目が何を見ているかを見ることができる。視覚記憶も見ることができる。RNMは目と視覚神経をバイパスして視覚野に直接画像を送ることができる。NSAの工作員が脳プログラミングの目的でレム睡眠の間に監視対象の脳にこっそり画像を打ち込むことができる。

遠隔的神経監視(RNM)を使用するNSA要員の能力

1940年代からアメリカでシグナル・インテリジェンス・ネットワークは存在した。フォート・ミードのNSAは所定の場所に広大な双方向無線RNMシステムを所有している。それは対象を追跡し非侵襲的に彼らの脳の視聴覚情報を監視する。これは対象との物理的接触なしですべてが行われる。RNMは監視と国内諜報の究極の方法である。音声と3Dサウンド・サブリミナル音声が対象の脳の聴覚野に送られる(耳をバイパスして)。画像は視覚野に送ることができRNMは対象の認知・気分・筋肉のコントロールを変えることができる。音声皮質/聴覚皮質の連結はインテリジェンス(諜報組織)共同体の究極の通信システムとなっている。RNMは視聴覚脳とコンピューターの完全なリンクを可能にする。

NSAシグナル・インテリジェンス電子頭脳リンクテクノロジー

NSAシギント(シグナル・インテリジェンス)は遠隔で身元の識別を検出でき人の生態電場を監視する。NSAのシグナル・インテリジェンスは脳からの30-50Hz 5ミリワットの電磁輻射の誘発電位のデジタル復調で非侵襲的に人間の脳の情報を監視する秘密事業の遠隔操作能力を持っている。

脳の神経活動は磁束シフトを有する電気パターンのシフトを作り出す。この磁束は30-50Hz 5ミリワット電磁波(EMF)を一定に出力する。「誘発電位」と呼ばれる脳からのパターンは電磁輻射に含まれる。脳で考えることのすべて・反応・運動指令・聴覚現象・視覚画像は対応する「誘発電位」または「誘発電位」のネットを持っている。

脳からの電磁排出は被験者の脳の現在の考え・画像・音を復調することができる。NSAシギントはインテリジェンス要員へ情報(神経システムのメッセージだけでなく)を送信する通信システムとしてまたもちろん非知覚レベルで工作の対象者の脳へ送信するために電磁場送信脳刺激を使う。電磁場脳刺激は脳の誘発電位のトリガとなる完全にコード化・パルス化された電磁信号で動作する。それによって脳の神経回路の中で音と視覚イメージを形成する。電磁場脳刺激で人の脳の状態を変えることができ運動制御に影響を与える。聴覚皮質への音の送信(耳をバイパスした)と視覚皮質へのかすかな画像の送信(視覚神経と目をバイパスした)の間、遠隔神経視聴覚情報の監視による双方向電子脳リンクが行われる。画像は脳のフローティング2D画像として表示される。

双方向電子頭脳リンクはCIA/NSA職員にとって究極の通信システムとなっている。遠隔的神経監視(RNM=リモート・ニューラル・モニタリング=人間の脳の生体電気情報の遠隔監視)は究極の監視システムとなった。それはアメリカのインテリジェンス・コミュニティー内のエージェントの限られたメンバーで使用されている。RNMはそれぞれの特定脳領域の共振周波数のデコーディング(復調)が必要である。その周波数は脳の特定領域の情報を乗せるために復調される。さまざまな脳領域の応答周波数は3Hzから50Hzに変化する。NSAシグナル・インテリジェンスだけがこの周波数帯で信号を変調する。



                       電磁脳刺激の例

脳のエリア 生体共振周波数              同調を通した誘発される情報

運動制御野  10HZ 運動インパルスの調整

聴覚野                15HZ 耳を迂回した音  

視覚野                25HZ 目を迂回した映像

体性感覚野              9HZ                        幻の蝕感

思考中心              20HZ                         潜在意識の挿入

変調を含む情報

運動インパルスの整合
耳を迂回した音
目を迂回した映像
現実はにない触感
潜在意識の挿入

この変調された情報は強度を変化させて脳に入れることができる。



それぞれの人は生体電気共振/引き込み周波数の固有のセットを持つ。それぞれの人の聴覚皮質の周波数でそれぞれの人に聴覚情報を送ることは、他人に認知されない聴覚情報となる。

原告は双方向RNMがフォート・ミードのNSAのキネカムグループと交信することを知った。彼らは、90年10月から91年5月まで原告を疲弊させるために脳にRNM 3D立体音響を使用した。91年5月、原告と双方向RNM通信を持ち、原告を無力化する企てにRNMを使い、12年間の原告に対する彼らの活動について当局へ行く原告を妨害した。キネカムグループはフォート・ミードで1日に24時間働く100人の人員を持つ。彼らは脳盗聴の人員を持ち孤立した原告と交信する。RNMで民間人が苦しめられ、NSA職員のこの諜報作戦手段の不正使用(悪用・乱用)に対して訴訟を起こすことができたのは、これが初めてである。

翻訳文おわり

----------------------------------------------------------------------------

付記:文中にあるニューロスカイ社の脳波読み取りセットがすでに日本でも発売されています。ヘッドセットで読み取った脳波でiPhoneを操作するものもあるので、脳波(思考)が携帯電話を復調装置(モデム)としてデジタル信号に変換され中継送信されている可能性も考えられます。携帯電話によって送られてきたデジタル信号がモデムでアナログ変換され人間の脳波を操縦している可能性も考えられます。いずれにしろ脳波が外的に読み取られていることは疑いようがありません。(2012年9月24日記)





関連記事

コメント

非公開コメント