2017/03/09

飛行機・セスナ・ヘリ音に関する報告

集団ストーカーのターゲットにされると音による嫌がらせ手法が多いことに気が付く

パトカー・消防車・救急車をターゲットの行動に合わせてサイレン音鳴らし聞かせたり遭遇させたり この公共車両の嫌がらせも全国共通です 

それにもう一つ創価が行う同様の嫌がらせの1つにヘリ・飛行機音があります
今まで何年も自分の家の上空に飛行機音なんてほとんど聞いたことなかったのに出勤時間に合わせて聞こえてきたり、ありえないほど何機も上空を通過したり、これ集ストあるあるです

この場合ただ飛んできて音を意識させるだけではなく 必ずアンカリングが絡みますので、何かしらと関連して嫌がらせする訳です
ターゲットが外出・帰宅するタイミングに合わせたり、私のように時間・数字あわせで飛んで来たり、必ず何かしらと関連させる
関連させる事によりターゲットに偶然では無い事を意識させ、またそれらの行動をしたときに、また飛んでくるのではないかと意識させるのがこの条件付け=アンカリングも目的です そしてこれらを複数回続け、一定回数超えるとやめる→また期間あけて繰り返す仕組みです


ヘリで言えば警察・消防関連のヘリまたは宗教団体所有ヘリ・団体員個人ヘリなどなど、多くの被害者が同様のヘリをタイミングよく遭遇させられてます
 
故清水由貴子さんも同様にやられたましたね 特定時間や外出・帰宅時etcなどにタイミング合わせたヘリ・パトカー救急車サイレン嫌がらせ 我々一般人がどんなに被害を訴えてもなかなか信じてもらえないこの問題ですが、全国で同様のやり口で被害を訴えてる方が数千人います

↑清水さんの証言

私もタクシー会社に勤めていた時、しょっちゅう点呼終わって出発する際タイミングに合わせよく飛んできました それは転職した別の会社でも同様にやられましたね ひどい時は数分間、会社上空でホバーリングしていました

現在会社をやめ自宅にいるわけですが、上空に飛行機音がすることなど記憶にないぐらいでしたが、ここ数日前から連続でジャンボジェット機がうちの上空を通過しまくっております
当然、集スト関連を意識させるために、キッチリ特定時間に合わせてうちの上空を通過するように・・・というかその条件にあう飛行機をこの付近通るルートに変更させていると言った方が良いのでしょうか
引っ越して来て2年経ちますが、いままでこんな頻繁に上空を通過することなどなかったわけですから、あきらかに意図的なルート指示だと思われてもしょうがない しかもしっかり特定時間に音が聞こえてくるわけですから、相変わらず底知れない組織力です


7.png
↑これは今ブログを書いてる最中やってきた飛行機 羽田からやってきて東北方面に向かってますが、きっちり7:57(ハサミ目)にうちの真上を通過しています 


8.png
↑次にやってきたのが8:19(バイク語呂合わせ時間) これもキッチリ上空通過


6.png
↑次がこれ7:53(七五三語呂合わせ時間) にまたぴったり しかも成田からの機を交差するように上空を通過

別に無理やりこじつけてる訳ではなく、家の上空通過する機はほぼ特定時間に通過しています 羽田からでも成田からでも・・
これがここ3日ぐらい前から始まった事です 数機~多くても10機ぐらいの感じで、1日に数回、定期的に上空を通過している
やはり何機か連続で特定時間に合わせて通過できるグループを、意図的にルート変更させている

記録すると全機すべて特定時間に家の真上を通過しています でも第三者は意図的なルート変更だとは絶対に気付かない
今日はやたら飛行機が上空飛んでるな~ぐらいしか意識しない

これねまとめると、このやり口被害者のほとんどが経験・報告しています
今まで航空機の通過なんてほとんど無い訳ですから、意図的にルート変更してるわけです 国土交通省を支配している公明・創価学会ですからこんなことは朝飯前って事でしょうか
ただ永久的な変更は絶対にしない いわゆる騒音キャンペーンなど、そのターゲットに対して集中的に攻撃する時期が1週間~数か月続く時が多々あります そういう時期に計画・実行する事が多い

そしてしっかり意識させたら一時的に終了する → 時期を見てまた繰り返す この繰り返しです


Flightradar24.com - Live flight tracker! (飛行ルート検索サイト)

https://www.flightradar24.com/60,15/6

関連記事