2017/01/25

近況報告

しばらくブログ書いてませんでしたが、久しぶりのブログです
まずは近況報告から、以前勤めていたタクシー会社は結局辞めました まぁ結局うまく退職に追い込むお得意の手口で、今回も長く勤める事は出来なかったわけです そもそも免許点数もリーチかかってた状態だったので、どの道そっちの理由からでも退職に追い込まれていたでしょう 相変わらず創価が組織的に行うガスライディングはたちが悪い 
では、現在は何をしてるかと言うと、実は何もしていない つきまといは言うまでもなく、電磁波類の身体攻撃も頻繁化している状態だったので、同じ被害を受けてる方に相談し、しばらく家にいる状態です まぁそうせざる得ない状況ですね今は
しかしうちの部屋の上下左右のうち、必ず創価工作員が24時間体制で住み込み監視状態、相変わらず時間に連動して身体攻撃+騒音など忠実に実行している しかしまぁよく堂々とこれだけ露骨にやれるわな ターゲットが自暴自棄になり自分たちが襲われるリスクなんぞ屁でもないってところでしょうか 

しかし身体への攻撃は深刻だ 被害者の方ならよくわかるだろうが、彼らは他人の体のある程度自由に痛みや刺激などピンポイントで与える事が可能で、私の場合はそれを特定の時間に合わせてやってくるのでそれが偶然でおきているのではないと気付かされるわけです 他の被害者の方はどういう関連付けでやられてるかはよく知らないが、基本はすべてアンカリングしてくるので何かしらの関連・条件付けで被害にあっていると思われる 

しかし世間に知られてない・あまり認知されてない技術を悪用し他人の体にこれだけの事が出来る事が本当に驚きだ
はっきりいって第三者に理解はほぼ無理 実際自分の体にやられないとまず信じない 説明すればするほど被害者が損をするのが現実なんです それも全て彼らの計算のうちで、第三者がまず信じられないような事を組織的に1人に対して大勢で行うのがこの犯罪の特徴です 
これらの不可思議な事が日常化し、正体はわからないが自分のまわりでおこってくると、まず身内や友人に相談したりする しかし相談してもまったく意味がない 身内でさえ理解はむずかしいだろう 他人ならまだしも身内ですら信じてもらえないのだ
そして警察に相談しに行く しかしこれが大きな間違いだと後で気づく事になる訳です 相手は何十年も前からこれらの嫌がらせをしている言わば嫌がらせのプロ集団 そして被害者が思ってるよりも組織力が大きく政治・警察・メディアなどありとあらゆるところに彼らを感じる事になる パトカーや消防車のつきまとい記録見れば一目瞭然でしょう かれらのターゲットになればいやでもそう感じ得なくなる訳です ですから相談しにいっても意味がないわけです 全国各地で被害者が警察に相談し被害内容もあるこれだけ共通点があるのに何十年も捜査もしないし公にもならない 
私の場合、良くも悪くも普通の嫌がらせでは無いことに割と早い段階で気付き「集団ストーカー」という組織犯罪を知ったので、組織的にやっていると気付いてからは一切警察には相談していない そもそも電磁波類の証明など一個人には説明したところで言うだけ無駄 相手が加害者側の警官でなくても頭おかしいと思われるだけだ 付きまといの証拠記録・映像も抑えてあるが捜査されなければ意味がないし、きちんと判断される信頼は今の警察にはない ASUKAの尿検査の件を見れば明らかでしょう 
とりあえず現状の報告まで
関連記事