2016/05/22

創価広宣部が行う組織的な行為説明


ガスライティングとは・・・・
集団ストーカー行為への対策を考えるにあたっては、ガスライティングの手口を知る事が重要です。

ガスライティングとは、集団ストーカー被害者の常識や一般的価値観を破壊する様な「不可解な」出来事を繰り返し演出し、被害妄想を拡大させ、人間関係のトラブル等を引き起こさせ、悪評を吹聴し、被害者の社会的信用を失墜させる事によって、被害者の自尊心や存在意義を崩壊させ、一般的な社会生活を営む事を極めて困難にさせる為の手口です。

集団ストーカーとは、これらの手順によって集団ストーカー被害者の精神を徹底的に疲弊させ、生きる気力や人生への展望を喪失させて(絶望)、最終的には自殺に追い込む事を目的とした、様々なの手口と手順の総称です。

ガスライティングの最たる特徴は、周囲には「結果的に対象者(被害者)が勝手に自滅した」と見せかける為の手口・手順であるという事です。
集団ストーカー対策を考えるという事は、これらのガスライティングへの対策を考えるという事でもあるのです。
「集団ストーカー行為」のほとんどを、この「ガスライティング」が占めていると考えて良いでしょう。

集団ストーカーとはガスライティング行為に現代的な一般ストーカーの手口と目的(付きまとい、嫌がらせなど)をプラスしたものであると言えるでしょう。
また、「ガスライティング」は「集団ストーカー行為の手口・手順」であり、「集団ストーカー行為」とは、ガスライティングを駆使して行われる嫌がらせや組織的いじめ、各種工作等の総体であると考える事も出来ます。

集団ストーカー対策で重要な事は、「ガスライティングの手法は、体系化されており、マニュアル化されている」とも言われている事を知る事です。
ガスライティングによる集団ストーカーの手口がマニュアル化されている事を知れば、集団ストーカーに対する対策も立てやすくなります。

集団ストーカーは、一人の人間の信用を完全に失墜させ、社会的に抹殺する事も出来ます。この手口は特に日本の戦後民主主義の状況下(非武装・非戦)では極めて有効に働いたと考えられます。

例えば、視点を大きく変えて、国外のイスラエルとパレスチナの問題を見てみましょう。
イスラエルはしばしば、パレスチナのイスラム主義勢力の武装部門の幹部を、攻撃ヘリからのミサイル攻撃などによって暗殺する事があります。
しかし、この様なあからさまな攻撃的アクションは「パレスチナという紛争地域だからこそ可能」なのであり、もし日本国内に「国家にとっての危険分子」がいたとしても、この様なあからさまな行動によって排除する事は出来ません。

そこで利用されるのが「ガスライティング」の手法、「対象者を自殺へと誘導する手法」なのです。
武器の保有や攻撃的アクションが全面的に禁止されている戦後日本では、集団ストーカーという攻撃の手法が発達する土壌があったのです。
集団ストーカーへの対策を考えるには、この様な「集団ストーカー行為を助長させる社会」が背景にある事も把握しなければなりません。


集団ストーカーによるアンカリングとは・・・・

集団ストーカーによるアンカリングを説明する前に、アンカリングに関してご説明します。

アンカリングの典型的な事例が、いわゆる「パブロフの犬」と呼ばれる実験です。
1904年にノーベル生理学・医学賞も受けているロシアの生理学者イワン・パブロフは、犬を使った唾液分泌の実験中にいわゆる条件反射を発見しました。
実験対象となった犬は、餌を運ぶ時の足音や食器の音が聞こえるだけで、唾液を分泌する様になったのです。
これはアンカリングの典型例であると言えるでしょう。

集団ストーカーは、この科学的なアンカリングという方法を利用して、集団ストーカー被害者に対して「自分は狙われている」という条件反射を植え込むのです。
アンカリングの目的は「自分は狙われている」という恐怖を生じさせることだけではありません。
集団ストーカー加害者によるアンカリングの最大目的は、「一般人から見た場合、被害者が、日常的な普通の出来事に対して、一般人とは全く異なる異常な反応を示す様に条件付けする」という事です。

例えば、一般社会において、自動車を運転中に後続車に追い越しをされて前に割り込まれる事はよくある事です。
しかし集団ストーカーは、例えばほのめかし行為などによって、被害者がその「追い越されて前に割り込まれる」という事に対して、異常な恐怖を抱くように誘導します。
条件付けをするのです。

そして集団ストーカー被害者が「運転中に追い越されて前に割り込まれる事がある!私は謎の組織に狙われている!」という相談を、一般の誰かにするのを待っているのです。
その様な相談された一般の人にとっては、「追い越されて前に割り込まれる」という事は、日常的に発生する事ですから、「そんなのはただの思い込みだ。追い越されて前に割り込まれる事なんて日常的に起きる事だ」と判断するでしょう。
そして「追い越されて前に割り込まれたくらいで、こんなに条件反射的に恐怖を抱くなんて、この人は精神が病んでいるのかもしれない」と思う事でしょう。

それが、集団ストーカー加害者が行うアンカリングの真の目的であると言えます。
集団ストーカーを理解しない人、集団ストーカー行為、アンカリングが事実として実行可能であるという事を知らない人に被害の相談をしても、被害者の社会的立場はますます悪くなるばかりです。


ストリートシアターとは・・・・

ストリートシアターとは、集団ストーカー被害者の生活空間で様々な劇場的な演技を行い、集団ストーカー被害者にそれを頻繁に見せ付ける事で、誰かが被害者の事を狙っている、監視しているのだという意識を植え付ける行為です。
アンカリングに似た特徴があります。
「複数人で公然と行われる演劇型アンカリング」と表現の方が理解しやすいかもしれません。

ストリートシアター被害の例としては、例えば、集団ストーカー被害者の目の前で喧嘩や殴り合いが始まったり、大声・奇声を発する人物を定期的に出現させたり、似たような交通事故を被害者の周囲で頻発させるなどの事件を、意図的に発生させます。

ストリートシアターは大概、被害者が頻繁に行く場所で行われます。
被害者があまり頻繁に行かない場所でストリートシアター行為を発生させるのは集団ストーカー側にとってもタイミング的に大変な事だからです。
ですから繁華街や駅前、ショッピングセンター、コンビニエンスストアなどではストリート・シアターが最も頻繁に行われる格好のステージと言えるでしょう。
ストリートシアターは、一般人にとっても「よくある事」でなければ意味がないですから、そういう「事件」が発生しやすい場所である事が大切なのです。

ストリートシアターの例としては、集団ストーカー被害者が毎月一度決まった日に神社にお参りに行く習慣があるとして、その毎月のお参りの際に神社の境内で必ず大事件が起こっていては、さすがに一般人にとってもおかしな事です。

集団ストーカー被害者が、「私がお参りにいくと必ず境内で喧嘩してる人がいる」と友人や知人に相談した場合、友人や知人は「確かにそれはおかしいな」と思うでしょう。
それでは被害者の信用を失墜させる事は出来ません。
ですから集団ストーカー加害者は、一般的に見て事件が起こりやすい場所で、頻繁に事件を起こそうとするのです。

普通の市民の生活の中で「事件」というのは、例えば数ヶ月に一回程度の頻度でしか発生しないものです。しかしストリートシアターは日常的、一般的に考えられる以上の頻度で、被害者の周りでだけ頻繁に起こります。
被害者は自分の周りで頻発する事件を友人や知人に相談します。

そうすると「繁華街でそういう事件が起こる事は頻繁にある。貴方の被害妄想だ」と結論付けられてしまうのです。>

関連記事