FC2ブログ
2017/10/29

「道路族!」実はその正体は・・・

集団ストーカー被害者が信者の子供たちによる「道路族」嫌がらせも報告している

おそらく一番目撃件数が多いのは、「つきまとい」行為を第三者から怪しまれないようにするカモフラージュ役として子供を参加させる事が多い、戸建に住む被害者の場合、集合住宅住まいの被害者と違ってカベドンや床ドンなどの騒音嫌がらせがあまりできない分、子供を使って家の前で騒がせるなどのやり口が増えるわけである

その他ノイズキャンペーンの参加や、いわゆる「道路族」と言われる迷惑行為を指示するケースが多い
256_2017102900462360f.png

全国で騒音問題になっている道路族!でもその正体は学会員の仕業かもしれませんよ!
集団ストーカー犯罪の嫌がらせの中に道路族と同じ事をやっていて、全国で被害報告が挙がっています
つまりその近所に集団ストーカー被害者が住んでいる為、頻繁に同じ場所で騒いでる訳です

mansion_footstep3.jpg
組織的嫌がらせで行っているケースは、第三者には見分けようがありません。騒音を鳴らす場合、ターゲットの特定の行動に対して鳴らしたり、特定の時間に合わせて行ってるアンカリング手法で行っているからです

例えば・・・
291-peoples-free.jpg151239m.jpg
このようにターゲットの特定の行動「トイレ」「お風呂」など入ってるときに合わせて、真横で騒音鳴らしたり救急車やパトカーのサイレンが聞こえてきたり。特定の時間に合わせて騒音鳴らすなど、全てに対してアンカリング行為をしています
第三者はその関連性を意識されてないので、これが組織犯罪であることに気が付かない訳です


258.png
子供にアンカリング仕込むケースで多いのは、やはり色アンカリングです。ターゲットだけに意識させた色の服・柄の服を着せて平然と参加させます。これも第三者からみれば微笑ましい家族の姿にしかみえません。
しかしやってる事は心理的視覚効果のある嫌がらせを家族で行っているわけです

【重要】
彼らは苦情がこようが注意されようが決して自分たちの判断でやめたりはしません
幹部の命令でやっているからです。やばくなったら人を変えやり口を変えターゲットがそこに住んでいる限り続けるわけです

img363_2017110121421703f.jpg
↑このように管理会社から騒音に関しての注意を何度もポストに投函されます

どれもこれも世間の目から犯罪行為をごまかすツールとして子供を参加させる訳です。その理屈で言えば障害者など社会的弱者を参加させるのも同じ理屈です

ダウンロードPB030217.jpg
(イメージ)

万が一被害者がキレて突っかかろうもんなら、子供相手にキレてるヤバイ奴にしか映らない訳ですね
その場合、第三者は理由はどうあれ子供側に偏った見方をするものです 実に姑息なやり方です


創価未来部など18歳以下の子供たちは、基本的に指示された通りやっているだけで、自分たちが犯罪行為に加担させられている自覚なんて微塵もない子が多い、自分たちの敵には何しても罪にならないと言う、親の思想を植え付けられ大人になっていくわけです
韓国の反日教育を施された人間が、意味もわからず「とにかく日本人は悪いやつ」と言ってるのと同じ思考です

だから平然と学校でいじめができるのです 直接恨みが無くても、幹部から指示があれば親友でも顔色一つ変えず自殺に追い込めるわけです


自分たちが行っていることは「池田教」の教えであって、日蓮正宗の教えでない事を、自分の頭で考える意識を持ってほしいものです。

そして全国で問題化している「道路族」問題は、少し違った視野で見てみると思わぬ事実が見えてくるかもしれません
日本全国で行われている「集団ストーカ」犯罪は、このような日常の風景の1コマをターゲットの前だけで頻発させている犯罪です
もしかしたらあなたの家の近くに、創価学会に目を付けられた「仏敵ターゲット」が住んでいるから周りで変な事が多発しているかもしれないと考えてみてください。


第三者が組織犯罪を見分ける方法は、非常に難しいと思います、なぜならターゲットと同じリズムで生活していないからです
「道路族」の問題だけで言えば、1つ方法はあります
それは騒いでいる子供たちの親の素性を調べる事です しかも毎回来ている(多く来ている)子供の親たちの素性ですね
もし創価学会に入信している家の子が多かったり、または信者の子だけだったら、組織的な嫌がらせを実行している可能性が高まります
これは深読みでもなんでもありません 今全国で行われている犯罪事実を公表しているだけです

関連記事

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです