2017/10/21

創価学会による、社会問題に発展した事案

入信強要による差別や自殺
「折伏大行進」(強引な勧誘活動)により学会員が主導した入信強要による自殺者が全国で急増した。
出典創価学会 - Wikipedia

創価学会は、日本国憲法で保護されている言論の自由(言論弾圧)、出版の自由(出版妨害)および通信の秘密(盗聴行為)に対する問題をたびたび起こし、組織として問題や事件への関与を指摘されることもあった。
出典創価学会 - Wikipedia

選挙に対する組織的不正
創価学会が組織的に選挙違反を行い逮捕者を出したケースが多々存在する。
出典創価学会 - Wikipedia

マインドコントロール・幼児期からの教育
創価学会はマインドコントロールの問題を指摘されている。創価学園による一貫教育「子供を勧誘し、教化する」行為や、毎日購読される聖教新聞などによってマインドコントロールが行われている。
出典創価学会 - Wikipedia

盗聴教団との異名を持つ、創価学会が得意とする盗聴犯罪
共産党委員長 宮本顕治宅盗聴事件

1970年、創価学会による宮本委員長宅電話盗聴事件の東京地裁判決(85年4月22日)、東京高裁判決(88年4月26日)は、この電話盗聴が創価学会の組織的犯行であることを、たいへん具体的に詳細にのべています。
本件電話盗聴事件は創価学会の組織的犯罪であることを、第一審、第二審ともきちんと認定しています。
出典宮本顕治委員長(当時)宅電話盗聴事件の判決は?

547.png
出典matome.naver.jp

携帯電話通話記録窃盗事件
2002年、創価学会幹部が浮気調査の名目で、通信会社勤務の部下の学会員に女性や別の男性の通信記録を調べるよう指示。盗んだ通話記録を創価学会幹部へ伝えた。
捜査の中で、脱会者および創価学会に反目する団体幹部やジャーナリストの通信記録も盗んでいたことが発覚した。
学会員3名が電気通信事業法違反で逮捕され、全員が有罪判決を受けた。
日本大学名誉教授の北野弘久、政治評論家の屋山太郎はこの事件に対し「単なる窃盗ではない。創価学会がたった3人でこれだけの事ができる組織だということです。知らないうちに気に入らない相手の情報を手に入れ悪用する。何より一般の人ではとてもこんな組織的な広がりを持ちえない。つまり、潜在的に大犯罪を起こしえる組織力を間違いなく持っているということ」とコメントし、事件は氷山の一角であることを示唆した。
出典創価学会 - Wikipedia

44_201710272002113d2.png
出典matome.naver.jp

Yahoo! BB顧客情報漏洩事件
2004年、約450万人分ものYahoo! BB登録者の個人情報が漏洩している事が発覚。逮捕された3名のうち、2名は創価学会の幹部だったことが話題となった。被害総額は100億円を超える。主犯格の被告に懲役4年の判決。
『日刊ゲンダイ』が一面で、『朝日新聞』も社会面で創価学会幹部が流出事件に関与していたことを報道。
また、その2名が過去に創価学会が起こした言論出版妨害事件や宮本顕治宅盗聴事件にも関わっていたことから、創価学会全体に盗聴を是とする体質があるのではと批判した。
出典Yahoo! BB顧客情報漏洩事件 - Wikipedia

56.png
出典matome.naver.jp

言論出版妨害事件
1960年代末から1970年代にかけて創価学会と公明党が、会長の池田大作や自らに批判的な書籍の出版、流通を阻止するため、学会員や公明党議員が著者、流通業者、取次店、書店に脅迫や圧力をかけて出版を妨害したり出版前の原稿に自らの主張を織り込むよう改ざんを命令した事件。
これらの行為が、憲法に保障された言論の自由及び出版の自由を侵害するものだとし、創価学会・公明党はマスコミから激しい社会的批判にさらされると共に、創価学会・公明党の密接な関係が政教分離の観点から問題視された。
1970年の国会では「言論出版妨害事件」に関する法的問題についていくつかの質疑がなされた。
出典創価学会 - Wikipedia

『池田大作の品格』
元創価学会芸術部書記長 小多仁伯 著
昭和四十四年九月の全体会議で、池田大作は本部職員を通じて、創価学会員に注意を呼びかけました。また、近所のいかなる人が住んでいるか、よく調べ、知っておくように。
(中略)ここは「盗聴グループ」ということになりますか。『広宣部』は、全国に普及し組織化されていったのです。広宣部の主な活動は、
1.構成員宅の郵便物などの抜き取り、2.構成員の盗聴、3.交友関係の調査、4.構成員への尾行、5.怪文書による攻撃、6.構成員の出したゴミなどを持ち帰り、その中から情報を収集
以上のような活動を行っていました。当初は、組織防衛のための広宣部を結成したことが、いまでは積極的に反対者への恫喝、圧力を加える組織へと移行しているようです。
出典カルト集団による被害を根絶撲滅する会

『「月刊ペン」事件 埋もれていた真実』
元創価学会顧問弁護士 山崎正友 著

広野輝夫は盗聴器等の機械の製造と使用管理部門の中心者であり、河上覃雄(のちに公明党代議士)、岩佐俊典らは、山崎正友が手なずけた造反グループや、敵対勢力に送り込んだ情報員の管理と、“見張り”“尾行”やそのためのアジトの運営等を手がけている。
出典カルト集団による被害を根絶撲滅する会

「黒い手帖」 創価学会「日本占領計画」の全記録
元公明党委員長 矢野絢也 著
(他の宗教団体と)対立が表面化した頃から、本山周辺の監視、僧侶への尾行、さらには盗聴をしかけ、郵便物の監視などを行った。いうまでもなく、これらの非合法的行為は、学会内部では極秘に行われており、一部の幹部しか知らない。私は、当時、公明党の最高幹部で、学会との連絡役を務めていたことから、このような事実を知り得た。
学会のハイテク技術は、当時よりはるかに進歩しているはずである。創価学会がハイテク強化に注力しているのは、ひとつには敵対者や敵対組織の情報収集の大きな武器となるからだ。これまでも、学会は盗聴事件など数多くの非合法活動を行い、世間から非難を浴びた。
出典カルト集団による被害を根絶撲滅する会


創価学会をフルボッコする亀井静香 (集団ストーカーを国会で追及)
国会で、創価学会の集団ストーカー行為を追及
対立者へ繰り返されるカルト教団 -創価学会- の病的な組織犯罪
創価学会違法ビラ事件
2001年と2004年に創価学会杉並総区及び静岡県青年部長が中心となって日蓮正宗・日顕及び妙観講に対し誹謗中傷する違法なビラを配布、掲載。日蓮正宗が創価学会を名誉棄損で訴えた事件。
裁判は日蓮正宗が勝訴し、創価学会が損害賠償を命じられた。
東京高裁は創価学会の組織的犯行を認定し極めて違法であると断罪。10都府県、34市区町の地域にわたりビラを配布、中には電柱・道路標識・自動販売機、個人宅のベランダの物干しなどにノリで貼り付けられていたケースも散見していた。
出典創価学会違法ビラ事件 - Wikipedia

コーヒーカップ裁判
1993年、日蓮正宗と創価学会との間で繰り広げられた訴訟の一つである。この裁判で創価学会は裁判所から当事件は創価学会自らが起こした自作自演行為であると認定されている。
1998年10月7日、最高裁第3小法廷は高裁判決を支持し原告側の上告を棄却、これにより持経寺側の勝訴、創価学会の敗訴が確定した。
創価学会は同時期に山口や新潟でも同様の訴訟を起こしていた。しかしそれぞれの裁判でも創価学会側の敗訴となっている。
機関紙の聖教新聞・創価新報などで持経寺・日蓮正宗の非難を行ったが、高裁・最高裁での敗訴判決確定の際はその内容を一切掲載していない。
出典コーヒーカップ裁判 - Wikipedia

偽造写真事件
日蓮正宗破門後の1992年、創価学会は機関紙『創価新報』に捏造した宴席写真を掲載し日顕を批判。日蓮正宗との訴訟に発展。判決では創価学会が写真捏造を行ったことを認定し謝罪広告の掲載を命じるなど学会側が敗訴したが、原告が求めた賠償請求は棄却された。
出典創価学会 - Wikipedia

シアトル事件
1992年(平成4年)6月『創価新報』・『聖教新聞』が「日顕がシアトルに出張した際に、現地の売春婦と料金トラブルを起こして警察に拘束を受けた」、「現地在住の学会員が保釈手続きを行った」などといったデマを書き立て痛烈に批判した。日蓮正宗側は、そのような事実はまったく存在しないと否定。日米両国で訴訟が行われた。
ロサンゼルス上級裁判所は「この訴訟は、創価学会が阿部日顕上人を日蓮正宗法主の座から追い落とすために提起したものである」とし、訴えを門前払いにした。日本の裁判所の判決は、創価学会は本件を材料に日顕および日蓮正宗を攻撃することを禁止している。
出典創価学会 - Wikipedia

矢野 元公明党委員長「黒い手帖」裁判
矢野氏の週刊誌での手記を巡り、これ以上書かせまいとする学会本部が、矢野氏が議員時代書き留めた詳細なメモ帳を強引に持ち去った事件。
東京高裁判決文
「控訴人(公明党OB3名)らは、平成17年5月14日に被控訴人矢野が創価学会青年部の幹部多数に囲まれ、いわばつるし上げのような形で、家族に危害を加えることを暗示する脅迫の下で、今後の政治評論活動を辞めると約束させられた(中略)畏怖した被控訴人矢野が、やむなく控訴人らの要求に応じて本件手帳等を引渡したこと(略)を認めることができる」
出典矢野元委員長「黒い手帖」裁判

香川大学教授・創価裁判
香川大学教授で創価学会員でもある高倉良一が、創価学会幹部らから人権侵害を受けたとして、原田稔会長らを被告とした損害賠償請求訴訟を起こした。当該事件は2016年4月現在、係争中である。
原告が主宰するホームページの内容を巡り複数の創価学会最高幹部らからプライバシーの侵害や脅迫、離婚の強要を含む個人の尊厳の侵害などを受けたとされるもの。
創価学会本部は高倉が、創価学会の内部情報を漏らした反逆者であると断定し、機関紙・創価新報に「仏敵」であるとして徹底した攻撃を加えた。また、高倉は創価学会の幹部から聞いた、東村山市議の不審死に関わる情報を暴露したことから、創価学会員から殺害予告を受けている。
出典創価学会退会訴訟 - Wikipedia

創価学会本部 発砲事件
暴力団「後藤組」(数十年間教団と深い仲にあった)と決裂した創価学会は、後藤組を解散させるべく公明党を利用して警視庁・県警に圧力を掛けたとされ、管轄内に急遽「対策本部」が設置された。その後、事務所の捜索をされ、組員はマナー違反などの微罪ともいえない理由で逮捕されたという。
教団に裏切られたと判断した組員は、創価学会本部で発砲事件を起こし、池田会長が入院している病院の先々でも組員が発砲事件を起こしたという。組長は「池田は相当ビビっただろうな」と自身の著書で振り返った。創価学会との抗争については、元後藤組組長の著書「憚りながら」をお読みください。
出典創価学会が起こした事件、社会問題に発展した事案など: 新興宗教を斬る 〜政治と宗教の闇〜 別館

大石寺警備員寮襲撃事件
「慧妙」紙最新号より抜粋
学会男子部 は、警察を巻き込む大騒ぎを起こしておきながら、その後も依然、警備員寮への襲撃を繰り返している。
寮の中へ土足で上がり込み、それを制止しようと した警備員の衣服を引き裂く、顔に唾を吐きかける、車道に突 き飛ばすなど、その傍若無人ぶりは、激化する一方で、 被害にあった警備員はついに、富士宮警察署に被害届を提出するに至った。
例えそれが、社会常識が全く欠如した学会男子部であろうと、これほど執拗に襲撃を繰り返すからには、その裏にはきっと何かあるに違いない。なんと学会は、日蓮正宗関係者に対し組織的な弾圧を加えるよう、『聖教新聞』紙上に堂々と指示を出していたのだ。
出典http://www.toride.org/study/194.htm

嫌がらせ重ねて脳内出血に追い込む
彼らの実態を公けにしようと、「創価学会による被害者の会」のビラの配布を開始した。途端に学会員による激しい嫌がらせが行われていく。 「被害者の会」のビラを近所のポストに投函しただけである。
それに対して学会員らは、以下のような執拗な嫌がらせを実行した。
集団での二十四時間体制での監視、複数の都道府県ナンバーの車による尾行、敷地内への侵入、知人への暴行、所持品の奪取。
いぎたない言葉での罵り、中傷はいうに及ばずだ。嫌がらせを受けるたびに北川さんは、所轄の警察署へ連絡したが、一向に動く気配はなかったという。
裏の家は学会員宅。そこから四六時中行動を見張るようにもなった。突然電話がはいる。三か月後、ストレスの溜まった鈴木さんは、脳内出血を起こして、救急車で入院。
そのような指向性を持った集団が、政権与党の一角を占めている。
出典FORUM21

『誰も書かなかった 池田大作創価学会の真実』
元創価学会教学部長 原島嵩 著
月刊ペン裏工作、電話盗聴や謀略、他教団や学会批判勢力の分断工作、世論操作、買収に多額な金が使われたことも、各種批判で明らかになっています。それとて氷山の一角でしょう。池田の豪華な海外旅行、著名人や文化人との対談にいたる工作資金、海外マスコミへの金のばらまき、暴力団への裏工作など、洪水のように金が使われています。
池田(会長)は、創価学会を批判する者に対して、これを徹底的に痛めつけることを青年たちに教えました。
出典カルト集団による被害を根絶撲滅する会

創価学会の体質
池田大作は、「創価同窓の集い」において、多くの学生に対して、「師である私が迫害を受けている。仇を討て。言われたら言い返す。打ち返す。切り返す。叫ばなければ負けである(中略)私の仇を討つのは、創価同窓の諸君だ」(平成8年11月3日発言)
「怒りの炎を燃やして『戦闘』する!『叱咤』する!『攻撃』する!『追撃』する!これこそが仏法であり、正しき人間の道である」(聖教新聞・平成11年10月11日付)
などと指導して、憎しみと怒りをもって敵対者を攻撃するよう煽動しています。
このような指導を鵜のみにして、批判者を攻撃するのが創価学会です。その方法は、日顕上人に対する「写真偽造」に見られるように、相手の誤りや欠点になりそうな話をデッチ上げ、それを繰り返し宣伝するというものです。
出典創価学会員の皆さんへ/第一章 総論/創価学会の体質


大阪事件
1957年4月に参議院大阪地方区の補欠選挙が行われた際、創価学会員が日雇い労働者達に候補者名の氏名の入ったタバコや現金を渡したとして創価学会員ら47人が公職選挙法違反で逮捕された。創価学会の池田大作が全体を指揮した組織的犯行として幹部だった小泉隆、池田大作も含まれた。
出典創価学会 - Wikipedia

新宿替え玉事件
1968年に行われた参議院議員選挙で、創価学会が不在者投票を悪用し本人になりすまし投票を行ったとされる選挙違反事件。創価学会員14人が逮捕され、14人全員に有罪判決が下された。
出典創価学会 - Wikipedia

投票所襲撃事件
昭和44年7月に行われた東京都議会議員選挙において、百数十人の暴走した学会員が投票所を襲撃した事件。投票終了時間後に投票に訪れた創価学会員二人が投票できなかったことを理由に、女性・高齢者を含む投票立会人四人に集団暴行を加え怪我を負わせ、学会員が逮捕された。
この事件は国会でも取り上げられ翌年5月、調査特別委員会で質問に立った共産党の青柳盛雄がこの問題を取り上げ公明党と創価学会の政教一致問題としてを追及した。
出典創価学会 - Wikipedia

「連れ出し」不正投票
認知症の老人を一緒に投票所へ連れて行き公明党へ投票させようとした通称「連れ出し」という行為を行い学会員が公職選挙法の投票干渉で逮捕されたケースも存在する。
出典創価学会 - Wikipedia

日本の選挙において、たびたび問題を起こし逮捕者を出している例は、公明党(創価学会)以外では無い。
池田大作 社長会発言記録

社長会記録
創価学会の外郭企業の社長らとの会合で語った池田会長の貴重な記録集。
昭和54年、松本勝彌の手で「池田大作言行録」として出たが、学会は、すぐさま裁判所に出版差止めを申請し、公刊を妨害した。いずれの事件も裁判でその是非が争われ、学会は著作権侵害を主張したが、奇妙なことに、昨年暮、前者は和解、後者は学会側が一方的に訴訟を取り下げた。
学会は何を取り違えたか著作権法違反として東京地裁に告訴したため、(発言が)本物であることが証明された。
出典社長会記録

"「学会っ子は名前も、金も、身体もいらない。奴隷のように学会に仕えよ」(第50回)"
出典社長会記録

「68万坪に独立国を作ろう。創価王国、創価共和国だな。そうすれば文部大臣は森田さん。(中略)北条さんは警視総監、全部いるよ」(第10回)
出典社長会記録

「目立たないように枝を伸ばし、産業界に網の目を張りめぐらして、最後に総合商社を作って決戦だ。(中略)中曽根康弘は心配ない。こちらの小僧だ。総理大臣になりたいと云っていたので、よしよしと云っておいた。ケネディ気取りだ。坊やだ。」(第6回)
出典Home

「公明党と学会との関係は絶対にこちら(創価学会)が上だ。世間は馬鹿だから、議員が偉いと思っている」(第50回)
出典Home

「こういうと、また政教一致と言われるけどね。教義を実現するためには、政治の力が必要です。そういう目的で公明党を作ったのだから。それは変わらないですよ。」(平成6年9月14日・記者懇談会での池田大作氏発言)
出典Home

「創価学会を離れて公明党はありえない。もし創価学会を離れた独自の公明党があるとすれば、それは既存政党となんら変わることのない存在、創価学会と公明党は永久に一体不二の関係。」(池田会長全集 第1巻)
出典Home

「広布の戦い(政財界の支配戦略)で、政党、学校、文化、民音等もできた。最後に残ったのは経済だ。これから、この社長会を中心に経済革命する」(第1回)
出典Home

「警察だって、動かしてるのは竹入・井上だよ」(第13回)
出典Home

創価学会の黒い疑惑
暴力団への暗殺依頼疑惑
創価学会が自らに反抗・批判する人間の暗殺を暴力団へ依頼したとされる疑惑。
後藤組の元組長後藤忠政によれば、元公明党最高顧問 藤井富雄が後藤のもとを訪れ、池田大作名誉会長の名のもとに反創価学会の活動をしている有名画伯や亀井静香ら4名の暗殺を依頼されたという。
また、共同通信社記者の魚住昭は『月刊・現代』の中で藤井が後藤に、創価学会に対して批判的な亀井静香を黙らせて欲しいと依頼する場面が収録されたビデオテープがあることを記している。
暗殺リストに名前があった亀井静香は警察関係者、弁護士などと創価学会対策会議が行うこととなる。
出典創価学会 - Wikipedia

東京都東村山市議会議員朝木明代の暗殺疑惑
1995年、東村山市議会議員朝木明代がマンションから転落死した。警察は当初転落による自殺と断定したが司法解剖鑑定書には強く掴まれたときに出来るアザが、死体の両腕内側にあった事が記されていた事がわかり、朝木が創価学会や公明党の追及、および創価学会脱会者の救済をしていたことから、遺族、国会、マスメディアが中心となって自殺を疑う声があがり、マスメディアは様々な特集を組んだ。
現職警察官の内部告発として、「自殺ではなく他殺であり、署では殺害した犯人3名を特定したが、検察からの圧力がかかり捜査を断念せざるをえなかった」と公表、当時の政局にも利用された。後に転落死事件の担当検事、初動捜査を行った東村山署の署長、副署長がいずれも創価学会員だったことが判明した。第134回国会特別委員会では自民党議員が十分な捜査なしで自殺と断定した東村山警察・副署長らの捜査体制を厳しく追及した。
出典創価学会 - Wikipedia

映画監督伊丹十三の転落死
1997年に転落死した伊丹十三の死は、自殺ではなく他殺(創価学会が関与したとする内容)がインターネット上に掲載された。
伊丹の遺作となった映画『マルタイの女』は、山口組系暴力団 後藤組と創価学会との密接な関係を作中で揶揄していたとされること、(中略)伊丹を良く知る人間達が自殺という警察の発表を否定し続けたことなどがあげられている。
山口組系暴力団 後藤組といえば伊丹の監督作を巡って、伊丹への襲撃事件を起こしていたり、創価学会と後藤組は共謀し日蓮正宗総本山大石寺のある富士宮市で問題(富士桜公園墓地問題や百条問題等)を起こし、それらが政争事件に発展しているなどの行動を起こしていた。
2010年に組長後藤忠政が、暴露本『憚りながら』の中で、創価学会(公明党)幹部と暴力団後藤組との密接な関係を詳細に告白した。
出典創価学会 - Wikipedia

創価学会幹部の急死
創価学会内部では幹部が急死することがある。主なところとして2代会長、戸田城聖、元公明党委員長の原島宏治や北条浩4代会長などが有名である。
時期についても戸田は池田が起こした大阪事件の公判中に急性の心疾患で、原島は長男の原島嵩に対して、池田を批判した1週間後に急性心筋梗塞で亡くなった。
北条も妻が夫の死後、雑誌の取材にこたえ亡くなる数日前に池田名誉会長と何やら些細なことで揉めていたと証言した。
出典創価学会 - Wikipedia

池田大作 朝鮮人説
池田は朝鮮人から日本人に帰化しており、本名は成太作(ソン・テチャク)であるという説。
元は池田が大白蓮華2000年3月号の中で 「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」 「私の少年・青年時代には多くの 在日韓国朝鮮人の方々との出会いがあった」と発言したことや池田自身の反日発言などが波紋を呼び複数の説を生み出した。
出典創価学会 - Wikipedia

創価学会の偽者本尊
学会が「日寛上人の本尊」と称するものは、日蓮大聖人の教えに背く『ニセ本尊』です。なぜなら、第二代戸田会長も、「ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにゆかない」といっているように、たとえ、もとの御本尊が日寛上人の直筆であっても、それを複写し配布することは、大聖人の血脈を承けられた上人の許可がなければできないことだからです。まして創価学会は、日寛上人が御本尊に認められていた授与書きを抹消し、御本尊の御文字まで改ざんしているのです。
【資料】 戸田城聖(創価学会 前会長)発言『大白蓮華』昭和34年7月号9頁
「ただ、大御本尊だけは、我々は作るわけにはゆかない。(中略)だから、仏立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから、力がぜんぜんない。むしろ、魔性の力が入っている。だからコワイ」
出典創価学会員の皆さんへ/第五章 創価学会に疑問を感じている学会員に/創価学会は、なぜ日寛上人の本尊(ニセ本尊)に交換させるのか

本物を模倣して作製された創価学会独自の本尊
87.png
出典www.correct-religion.com


麻薬ビジネス運用疑惑
創価学会会長池田大作、パナマの独裁者ノリエガ、小沢一郎の三人が一致協力し麻薬ビジネスに手を染めていたとする疑惑がある。
ニューヨーク市立大学教授の鶴見芳浩はCIAから得た情報として、アメリカがパナマに軍事侵攻した際、逮捕されたノリエガの供述から、池田大作が創価学会の金をパナマで運用、ノリエガの麻薬取引の資金繰りにも使わせていたこと、この利益が池田から自民党の小沢・金丸へが流れているという情報を得た。
当時の駐日大使アマコストはこの事実を外交カードとして巧みに使い、日本を意のままにコントロールしたという。
出典創価学会 - Wikipedia

創価学会常勝不敗説
創価学会は常勝不敗を謳っており裁判でも無敗であると学会員に謳っているが、実際は創価学会が裁判で敗訴したケースもかなり存在する。例として創価学会と反目する日蓮正宗のHPでは、創価学会が破門された1990年以降、日蓮正宗と創価学会との民事裁判では実に84%が創価学会の敗訴または和解としている。また矢野との裁判でも学会側の敗訴が確定したほか、竹入との裁判では和解が成立、乙骨との係争に至ってはお互いに勝訴と敗訴を繰り返している。
出典創価学会 - Wikipedia

会員数水増し疑惑
創価学会では会員数を水増ししているという疑惑。現在学会は公称827万世帯と会員数を謳っているが、公称数を下回っているのは資料や文献において確認できる。創価学会元幹部藤原行正も「池田大作の真実」の中で会員数は最盛期でも500万人を超えていないと述べている。
文化庁の統計では、創価学会の会員数は 1995年推定でおよそ576万人、2000年推定でおよそ542万人となっているため827万世帯には程遠いものとなっている。
これらの推定会員数は、名義のみの会員および活動していない会員も多く含まれる。
出典創価学会 - Wikipedia

学会員に精神障害が多発し、凶悪犯罪者が多いという専門家の論説
精神科医を名乗る方々の内情暴露。
私は精神科医として多数の創価学会員の患者を診察治療してきた。私自身が幼い頃からの創価学会員であった。幹部から紹介されてくる創価学会員が大部分であった。
創価学会員の精神障害の多さと、その悪性度の高さに愕然としない訳にはいかなかった。
小多仁伯:著「池田大作の品格」、日新報道:2007にも書かれてある。
『「パニック障害」「社会恐怖」「強迫性障害」「パーソナリティ障害」など他の精神障害は、昔も現在も変わりなく創価学会に非常に多発している。
「児童相談所」を訪れる半数以上は創価学会員であることは業界の通説である。それは、新入会者よりも古くからの強信な創価学会員の家に多く起こっているのである。
活動をする大人だけの多発ではない。大人は比較的少ないと言って良い。むしろ学会員の子弟に異常多発している。』
出典創価学会芸能人ネタ 元創価学会員精神科医の告発 : 創価学会の反社会性

次に引用するものは『創価学会亡国論』から
実際創価学会員には、凶悪犯罪が非常に多いんです。元創価学会弁護士の山崎正友さんの本でも、中国地方の教誨師が監獄に入っている人を調べたら30パーセントが創価学会信者だったという報告があります。ものすごい犯罪率の高さです。
彼らは、自分たちのやっていることが正しいかどうかのチェックができなくなっています。善悪の基準がないところに、自分たちを合理化する手立てだけを教えられていますから、結局は自分たちのやることをすべて正当化するわけです。犯罪を起こして罰や批判を受けても「これは法難である」と言います。批判を受けるのを正当化して、自分たちを殉教者であるとするような教義が教えのなかにあるのが、非常に大きな問題であるわけです。
出典創価学会の問題再び

1995年12月にフランスの下院で採択された「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針は調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』と呼ばれ、「セクト構成要件の10項目」を列挙し、このうち1項目でも該当するものがあればその団体をフランス政府はセクトとみなしているが、こと創価学会に関しては10項目すべてが当てはまったとしている。
出典創価学会 - Wikipedia

海外では創価学会への批判は根強く、セクト指定はフランスだけではなく、ドイツ、ベルギー、でも下記のようにセクト(カルト)指定を受け、イギリスでもBBCが創価学会の政治介入を問題視したことがあるが、日本のマスコミは創価学会への配慮からかこの事実を報道していない。
出典創価学会 - Wikipedia









各国によるカルト認定
ベルギーのカルト認定
http://ex-mahikari.asn.au/mahikari.htm
オーストリアのカルト認定
http://www.lermanet.com/cisar/books/990913b.htm
チリでのカルト認定
http://www.hrwf.net/html/chile2001.html
出典http://nippon-senmon.tripod.com/soukagakkai/shukyou/index.html

名誉称号の収集に固執する池田
池田氏の300個の学術称号の内訳を見てみると、最も多いのは中国の学術機関からのもので、全体の36.5%にあたる109個。2位のフィリピン(17個・5.7%)を大きく引き離し、ダントツです。
池田会長が国内で得た称号は、おそらく、富士宮市の名誉市民称号くらいとのこと。
チベット仏教を弾圧する中国から、創価学会のトップがこれほど多くの称号をもらうとは、まさに「ドクター・アウェー」の名にふさわしい偉業と言えます。
出典やや日刊カルト新聞: 創価学会・池田大作氏に、やや日刊カルト新聞が学術称号

教団の多額の寄付金により称号を貰っているとの見方が一般的です。
各国の首脳などから祝電をもらったり、会談もしていると創価学会系のメディアは繰り返しアピールをしていますが、称号の内容の検証の結果、名誉博士号の授与が池田が第1号であったり、他の者にも称号が与えられたどうかも知ることはできません。
称号の意味は、池田個人に対する称号ではなく、教団が組織として行った各国での核兵器廃絶の署名活動や演説に対しての感謝の意であることが多い。
また、法の華など海外でカルト指定されている教団も同様に、海外数十カ国の首脳(オバマ大統領などを含め)との会談した実績や海外の大学からの学位の授与を、教団の宣伝材料として活用しています。
(中略)名誉称号と、教団の評価・知名度とは関係性がないことがわかります。
出典創価学会最大の弱点、創価学会の大嘘、よくあるトラブル事例: 新興宗教を斬る 〜政治と宗教の闇〜 別館

各方面からの批判・離反者による批判
1980年代以降、顧問弁護士であった山崎正友、最高幹部であった石田次男、公明党所属だった元東京都議会議員藤原行正、戸田の未亡人戸田イク、公明党元書記長矢野絢也など、創価学会を離れて外部から批判する者たちが相次いだ。
出典創価学会 - Wikipedia

自民党による「反創価学会キャンペーン」
自民党は1996年頭の運動方針に「いま、わが国の政治にとって最も憂うべきは、宗教団体・創価学会が新進党という政党の皮をかぶって国民を欺き、政治の権力を握ろうと画策していること」という文言が存在した。
出典創価学会 - Wikipedia

諸外国からの批判
・イギリス
エコノミスト1999年7月3日号で、創価学会は富裕になって以降初期の目標を失ったその他多くの組織と同様に、批判者を脅迫、主流マスコミを脅して黙らせるという容赦なさでその利害を守っていると批判した。
・韓国
韓国でも創価学会に関する批判や反発は強い。特に1960 - 70年代は創価学会を「倭色宗教」などと差別、批判していた。また、創価学会が金大中大統領選挙関与疑惑や大学に金銭や品物を送った疑惑を新聞紙面で批判した。
・フランス
2000年6月、国営テレビが『創価学会―21世紀のセクト』と題するドキュメンタリー番組を、1時間にわたって放映。冒頭で創価学会を 「政治権力+金融帝国+思考方法の画一化+秘密厳守+21世紀のカルト」 と定義付けた。
出典創価学会 - Wikipedia

著名人による批判 (一部抜粋)
内藤国夫 - 「政界に進出し、国家権力と結びつく、また結びつこうとする権力志向、権力依存の宗教団体は邪教だということだ。オウムよりはるかに始末が悪い。

松本清張 - 単行本『作家の手帖』で創価学会を批判。
石原慎太郎 - 創価学会池田大作名誉会長を『悪しき天才、巨大な俗物』と批判。
亀井静香 - 創価学会、池田大作を批判、自民党離党後も国会審議で公明党、創価学会を批判。
杉田かおる - 自書『杉田』で創価学会を批判、主に池田大作や創価学会幹部の堕落振りを暴露した。
段勲 - 自書『反人間革命』で創価学会を批判。
出典創価学会 - Wikipedia

著名人による批判 (続き)
田中角栄 - 「公明党は法華さんの太鼓を叩くヒトラーユーゲント(ナチスの青年団組織)である」
(早坂茂三著「権力の司祭たち」 飛鳥新社)

藤原弘達 - 「もし自由民主党が過半数の議席を失うようなことになった場合、公明党に手をさしのべてこれとの連立によって圧倒的多数の政権を構成するならば、そのときは、日本の保守独裁体制が明らかにファシズムへのワンステップを踏み出すときではないかと思う」(『創価学会を斬る』)
出典http://nippon-senmon.tripod.com/soukagakkai/

著名人による、創価学会批判・暴露本 (一部抜粋)
出典: ブログ記事の引用元、参考文献

矢野 絢也 (元 公明党委員長)著
「黒い手帖」

山崎 正友 (元 創価学会副理事長・顧問弁護士) 著
「創価学会・公明党の犯罪白書」
「再び、盗聴教団の解明」

平野貞夫(元参議院議員、元参議院事務局委員部長) 著
「公明党・創価学会と日本」

福本潤一 (元 愛媛大学 助教授) 著
「創価学会・公明党 カネと品位」

福本潤一 (元 愛媛大学 助教授) 、小多仁伯 (元 創価学会文化部・芸術部書記長) 著
「カルト創価の終焉 ― 池田大作亡き後の未来図 」

小多仁伯 、小川 頼宣  著
「池田大作の品格 PART2 創価テロリズムを許すな」

古川 利明 (ジャーナリスト) 著
「カルトとしての創価学会=池田大作」

島田 裕巳 (宗教学者) 著
「民俗化する創価学会 ユダヤの来た道をたどる人々」

乙骨 正生(ジャーナリスト)
「FORUM21」
「怪死 ― 東村山女性市議転落死事件」

ベンジャミン・フルフォード (米 経済紙「フォーブス」 編集長)
「イケダ先生の世界 」
出典: ブログ記事の引用元、参考文献: 新興宗教を斬る 〜政治と宗教の闇〜 別館

創価学会は池田教であるとの批判
指導者としての池田大作名誉会長への個人崇拝が顕著であることから、創価学会はもはや宗教団体ではなく池田大作によって私物化された個人団体「池田教」との批判がある。
1979年に池田大作が会長職を辞任した際、北条をはじめとする幹部達を集め、幹部一人一人に創価学会の財産や資産は池田家の所有であるという誓約書に署名させていたことが発覚。その情報を自由民主党が入手したことを知ると、池田への参考人招致を行わないことを条件に公明党が それまで反対していた「日米安保」と「自衛隊」についてそれぞれ「日米安保存続」「自衛隊の条件付合憲」に政策を転換した事象があった。
出典創価学会 - Wikipedia

パナマ文書に創価の名前が?
アベシンゾーが唐突にパナマに3000億口止め料払ったわけはこれか↓
〔パナマ文書にリストアップ〕◇ SOKA GAKKAI, INC. …… 
★ これは「創価学会」の関連企業なのだろうか? 「INC.」は会社の意味? 

パナマ文書に「創価学会インタナショナル」の名前が上位にあると言われている。本当かどうか明らかにしてほしい。日本国内に相当数の施設を保有し、それらはいずれも”宗教法人”として課税を免除されている。合法的と言えども道義上問題ではないだろうか

パナマ文書の調査拒否をすぐさま発表した菅官房長官。自民党の盟友である公明党の支持母体・創価学会を調べるわけには行かない。納得しま来る。
出典http://健康法.jp/archives/15999

変わりつつある、創価学会への認識
静かに創価学会を去るために
昨年末から、このブログをとりまく状況が変ってきたような気がします。今年に入ってから、確実にアクセス数が急上昇していることもありますが、とくに新しくコメントされる方の数が、これまでとは比較にならないほど増えています。
創価が詐欺だとわかる決定的な告発もあり、このブログ自体が次のステップに入ったのではないかなと言う気がしています。
もし創価に何の問題もなければこのブログは誰も見向きもしないでしょう。とくに今年に入ってからは毎日1万前後のアクセスがあります。
学会員さんは私たちのことを「退転者」と蔑み、「地獄に堕ちろ」と願っています。
創価学会は日蓮正宗から破門された途端、組織を上げて「日顕撲滅唱題会」を展開してきました。
これのどこが「正しい宗教」なんでしょうね?
出典カルトな自分に気がつかない学会員 | 静かに創価学会を去るために

社会へ少なからず悪影響を及ぼしている創価学会の問題について
創価学会の問題は、マスコミではタブーとされています。
しかし、インターネット上では、創価学会に疑問を抱いている方や不信感・不快感を持つ方も多くおられます。
このまとめをお読みになった方は、オンライン/オフライン問わず、創価学会ネタとして裏トリビアを教えてあげてはどうでしょうか?
特に創価学会に対してネガティブな感情を持っている方。次はあなたが社会的に認知度の低い創価学会の問題を取り上げて発信する番です。
それら小さなことの積み重ねが、諸問題を改善する特効薬になるのではないでしょうか?
まとめ編集者の意見でした
出典もはやマフィア!? 創価学会の司法に断罪された黒すぎる裏の顔 - NAVER まとめ




【多々類似点のある大事件_共通事項】

①綾瀬コンクリート事件
被害者:若い女性
残酷さ:最悪
警察:警察・裁判所・メディアともに連携して組織を隠蔽。総体革命のなせる業
http://www.asyura2.com/11/nihon30/msg/632.html

②島根女子大生殺人事件
被害者:若い女性
残酷さ:最悪
警察:当初すぐに解決すると言われていたが、いまだ犯人特定できず
http://news.livedoor.com/article/detail/5124452/

③尼崎連続殺人事件
被害者:若い女性、他多数
残酷さ:最悪
警察:角田美代子の自殺(他殺?)により、一人の責任にされて収束させられた
http://matome.naver.jp/odai/2135060627426014201

④ペッパーランチ監禁強姦事件
被害者:若い女性
残酷さ:被害者が監禁途中に自力で脱出。2名以外に犯人がいたと主張するも聞き入れられず
警察:実行犯2名(信者)の単独犯行だと認定。外部で組織犯行を指摘されるも打ち消すように収束
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1296366657

⑤神戸市女児遺棄事件
被害者:若い女性(児童)
残酷さ:最悪
警察:ポリ袋に切断された遺体と一緒に容疑者の診察券が入っていて、君野容疑者を捕まえ事態を収束
*この容疑者への繋がり方は、逆におかしいと警察も感じるのでは?
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2362.html



254.png

コメント

非公開コメント