FC2ブログ
2017/10/19

集団ストーカー 「行動」アンカリング

こんばんわ被害者の皆様 そして第三者の皆様
この犯罪手法の肝である「アンカリング」は、視覚的心理効果を狙った方法であることは周知のとおりです

彼らのやり口は特定の物を特定のタイミングや特定のシチュエーションで、ターゲットに目撃・遭遇するように仕込んでいるわけです
しかもそれを24時間・365日です 

今回は「特定の行動」です これも被害者さんならほぼ経験しているはずです と言うか今もずっと定期的に目撃していると思います
わかりやすいようにまとめておきました
このようなやり口を常に映像で残して公表することも必要だと思います 
同じやり口を被害を訴える人間が全国で公表すれば、組織犯罪の一つの証拠になります


第三者のみなさまは???でしょう
簡単に説明しますと大勢で共通のポーズや行動をターゲットの前だけで行う、心理的手法の手口を説明しています


556.png

上記はおそらくほんの一部だと思います。よくやるケースをまとめただけです
どんな行動でも集団で共通させればいいわけですので、パターンを挙げればキリがないでしょう
しかしいくらパターンを変えても、これは心理効果を狙ってやってますので、大勢で同じ行動する事には変わりありません。


10_20171108012104cc2.png

ただ問題は、意識付けする初期の段階は露骨に連続させたり、数日間続けたりしますが、意識付けが完了すると、他のアンカリングを複合させてきます。そうなると第三者にこれが組織的な仕込みであることを、説明するのに苦労します
なるべく日頃から証拠を残す事を心掛けた方が良いです。
加害者側もどんなに複合してもその複合自体に規則性・連続性を持たせないと効果は薄れますので、記録を残す事は無駄ではないはずです。 つまり第三者はアンカリングされたものや行動を24時間・365日見続けない訳です しかし我々は見続けるわけですから証拠になるはずです。

関連記事

コメント

非公開コメント