2017/10/18

創価信者のやり口!交差点で集団演出 (つきまといストリートシアター例)

このブログで何度もやり口は紹介していますが、第三者に認知してもらえるにはまだまだ証拠と説得力ある説明が必要だと思っております。なんせ彼らが演じているのは、第三者から見たら日常の1コマに過ぎないからです。
我々集団ストーカー被害者は、その日常の風景を連続で24時間・365日、目の前で遭遇・目撃させられているわけです
この行為はストリートシアターと言われ手法はアンカリングと言います


交差点ママチャリ_おっさん色アンカ2 - コピー
交差点ママチャリ_おっさん色アンカ
交差点ママチャリ_おっさん色アンカ2
交差点ママチャリ_おっさん色アンカ4

このブログをいつもご覧になっている第三者は、こいつらが演じているのを察していると思います
なぜなら登場人物の服装・乗り物・タイミング・シチュエーションのやり口が公表済みのやり口と全て一致しているからです


彼らの手法はアンカリングと言って、特定のターゲットに対して同じもの・同じ行動を24時間・365日続ける事によって、仕掛けられた人物がノイローゼなどの精神を病む状態にすることを目的にしています。
逆に言うと、いくら第三者からは日常の1コマに見えても、被害者の前で起きている風景を、ありのまま公表したら、第三者でも同じことがずっと続いている事を認識してもらえるわけです。


集団ストーカーの被害者は、極端に言えば交差点ごとにこのような演出が仕込まれ1日中目撃・遭遇するようにされていると言うことです。あまりにもスケールが大きすぎる集団犯罪の為、第三者に説明・認知が非常に苦労してます
はじめて知った方はぜひこれを機に認知していただけたら幸いです

関連記事

コメント

非公開コメント