2017/10/17

被害者さん必見!ここまで仕込まれています! 被害者でも見落とすレベルの高度なストリートシアター!

全国数千人の集団ストーカー被害者のみなさま・第三者のみなさまおはようございます
創価つきまといの方法は特定の色・柄・もちものなどを大勢で共通させ、ターゲットの前でわざと遭遇するように歩いたり、先回りして目撃させたりする手法を組織的に行うことです。この行為を「アンカリング=条件・意識付け行為」と言います


つきまといのやり口・演出方法の根本は全国共通で同じです 違うのはターゲットによって意識させる物・色・行動などが多少変えるだけです。これから公表するやり口は、そのものを見るのではなく、やり口としてとらえてください

これから公表するやり口は、被害者さんに向けてのものです。
被害者さんが思ってるより、さらに大掛かりな演出がされてるケースが非常に多い事を頭の片隅にでも覚えておいてほしい


【障害者演出】
創価学会員に障害者の会員が多いのはみなさんも見聞きしたことあると思います
参加ケースは多くは無いですが、障害者絡みの演出も全国で報告されている
見た目で障害者とわかる人物自体をアンカリング素材とし、連続で目撃させたり、近くで奇声をあげさせたりします
障害者の場合、多少露骨に奇声などおかしな行動しても、周りの第三者は勝手に察してくれるので都合が良い訳です
また障害者を演じる輩もいます

小人2連①
小人2連②

この場所は私がよく停車する場所なので、手の込んだ大掛かりな演出を仕込まれやすい
これなにがすごいかお分かり頂けるでしょうか?
一見小人症の障害者にまず目が行きますね。この時点で私の場合はすぐ察知します、次の障害者はどこから来るのかと・・・
その予想は当たり、すぐに次の小人障害者が車イスで現れました(連続演出だと察するように2人目はあえて車イスの障害者にして目につきやすくしているわけです)
しかし、メインのアンカリングに意識しがちですが、彼らの演出方法は複数仕込んでいるケースが実は多いのです

画像を切り取ってみれば一目瞭然です!最初の障害者が現れた風景と2人目の障害者が現れた風景を並べてくらべてみてください

共通する黒色アンカリングを仕込まれてるのがわかるはずです
この1つの演出でどれだけアンカリングが仕込まれているか、こうやって切り出すと見えてくるはずです
このように非常に手の込んだことを日常的におこなってるわけです


ターゲットの精神的ショックや驚きをより強める効果があるため、二重・三重のアンカリングを仕込むケースがあることを覚えておいてください。


彼らは人間の精神論理に基づいて、ターゲットをノイローゼにする方法を常にマニュアル通り実践しています
ただの嫌がらせだと思ったら大間違いです
ですから、仮にターゲットがその時気付かなくても関係ありません。今後も同様の演出をし続けるから、そのうちすぐ気付きます
その時に過去も同じやり口だったとわかれば、より精神的ダメージが増幅するからです


このようなやり口の公表は賛否あると思いますが、私は天秤にかけたとき公表した方がわずかでもプラスになるなら公表を選ぶタイプの人間です。ご了承ください。


関連記事

コメント

非公開コメント